食と健康の良い関係>●痛風時の食事のコツ

痛風は昔からスポーツ選手や相撲取りに多い病気で、激しい運動と大量
の食事、それに酒がよくない。

痛風の遺伝素因も多少はあるが、大部分は環境因子で、とくにビールを
飲んだ後や肉食中心の食事が尿酸値を高めることがわかっている。

尿酸が過剰に生産されたり、尿酸の排泄機能が低下すると、尿酸がナトリ
ウムと水を加えて結晶となる。

それが体のどこかで蓄積し、手術、海外旅行、スポーツなどをきっかけに、
白血球が尿酸の結晶を異物と認識して攻撃をはじめ、痛風発作が起こる
のである。

尿酸のものとになるのはプリン体という物質で、ほとんどのプリン体は体内
でつくられるのだが、アルコールや肉食中心あるいは酸性の食事内容が、
プリン体からの尿酸の合成を促進する。

では、尿酸の合成を促進し、それ自身でもプリン体を多く含む食材にはど
のようなものがあるだろうか。

痛風発作を起こしたことのある人は、大正エビ、おきあみ、真あじの干物、
豚レバー、牛レバー、鶏レバー、干ししいたけは食べないほうが無難。

かつお、にじます、真いわし、真ガキ、するめいか、車エビ、さんまの干物、
牛や豚の腎臓や牛の心臓(ハツ)、大豆はできるだけ控えたい。

ひかえめになら食べてもいい食品は、魚肉類なら、さわら、とびうお、真鯛、
ひらめ、ぶり、さけ、にしん、どじょう、豚ヒレ、豚モモ、鶏手羽、ササミ、鶏皮、
鶏砂ぎも、納豆など。

高脂肪食にするとケトン体が産生され、血液が酸性に傾いて尿酸が結晶化
しやすくなり、排泄が悪くなるのだ。

だから脂肪は控えめに、糖質が不足しないようにする。

まことにやっかいな病気だが、食事療法をなおざりにすると、尿路結石、腎臓
障害、心筋梗塞や脳卒中といった合併症が起こりやすくなる。

食と健康の良い関係

トップページ
●元気で死ねる食べ方のコツ
●老後に使えるカルシウム貯金のコツ
●イヌイットに学ぶ肉料理のコツ
●食物繊維で脂肪減らしのコツ
●若々しさを保つ食事のコツ
●有害ミネラルを追い出すにはコレ
●消化のよいものが体にいいとは限らない?
●頭が良くなる食事のコツ
●しいたけを上手に利用するコツ
●減塩食で動脈硬化予防
●環境ホルモンの本当の怖さとは
●食後30分は牛になろう
●便秘解消に効く意外な食べ物
●視力の衰えを防ぐ食品とは
●抜け毛予防にはこの栄養素
●風邪の初期症状にはコレ
●更年期障害にはこの食品
●美肌を保つならこの食品
●爪の健康にはこの食品
●花粉症にはこの食品
●胃袋強化にはこの食品
●風邪しらずにはこの食品
●頻尿改善にはこの食品
●疲れ目にはこの食品
●貧血にはこの食品
●慢性頭痛にはこの食品
●食欲不振にはこの食品
●不眠症にはこの食品
●生理痛にはこの食品
●血管強化にはこの食品
●高血圧症にはこの食品
●糖尿病の正しい予防方法
●加工食品の本当の怖さとは
●タコの意外な効能とは
●胆石を作らない食事のコツ
●肝臓病予防にはこの食品
●お腹いっぱい食べてやせるコツ
●やせすぎ解消の食事のコツ
●痛風時の食事のコツ
●アトピーに自己流食事療法は禁物
●脳血栓を溶かすにはこの食品
●がん予防ピラミッドの頂点に立つ食品とは
●がんを防ぐ海藻と果物の食べ合わせ
●喫煙者のがん予防にはこの食品
●βカロチンの脅威の実力
●結腸がん予防にはこの食品
●がん予防に意外な高級フルーツ
●ブロッコリーの芽でがん抑制
●緑黄色野菜の重要な役割とは
●発がん危険因子食品
●がんと関係ある食べ物一例
 

その他

リンク募集中
 

 
 
 
inserted by FC2 system