食と健康の良い関係>●生理痛にはこの食品

下腹に重苦しさや痛みを感じる生理痛、不快な鈍痛が2〜3日も続き、
寝込んだり鎮痛剤を飲まなくてはいれれないひどい生理痛は、月経
困難症という立派な病気だ。

若い女性の月経困難症は、子宮の発達が十分でなかったり、頸管が
狭くて経血が通りにくいために起こる。

冷えが生理痛をひどくしている事もあります。
冷え性を治す改善方法

カルシウムは、骨の元なので骨粗鬆症を予防するためにせっせと取り
ましょうと言われているが、生理痛にも実は効果があります。

カルシウムを多く含む食品の代表は乳製品や小魚。

とくに乳製品のカルシウムは吸収されやすく、またヨーグルトには乳酸菌
による腸整作用も期待できる、牛乳も同じである。

牛乳にはタンパク質の一種であるカゼインが含まれ、カゼインはカルシウム
と結合するとカルシウムの吸収効率を高める。

さらにカゼインの分解産物である物質(CPP)は、ミネラルキャッチャーとも
いわれ、ミネラル類全体の吸収をよくしてくれる。

生理痛に影響を与えるもうひとつのミネラルはマンガンである。

骨の石灰化に必要で、関節などの結合組織の合成をコントロールしている。

マンガンを多く含む食品はゴマやナッツ、スイカの種など植物の種子。

ヨーグルトにナッツをふりかけて食べるのはごく一般的な食べ方だが、
にらやあら塩よりも、はるかに有効性が期待できそう。

あまりひどいときは婦人科できちんと診療してもらうことも必要だが、
しばらく試してみても損はないでしょう。

食と健康の良い関係

トップページ
●元気で死ねる食べ方のコツ
●老後に使えるカルシウム貯金のコツ
●イヌイットに学ぶ肉料理のコツ
●食物繊維で脂肪減らしのコツ
●若々しさを保つ食事のコツ
●有害ミネラルを追い出すにはコレ
●消化のよいものが体にいいとは限らない?
●頭が良くなる食事のコツ
●しいたけを上手に利用するコツ
●減塩食で動脈硬化予防
●環境ホルモンの本当の怖さとは
●食後30分は牛になろう
●便秘解消に効く意外な食べ物
●視力の衰えを防ぐ食品とは
●抜け毛予防にはこの栄養素
●風邪の初期症状にはコレ
●更年期障害にはこの食品
●美肌を保つならこの食品
●爪の健康にはこの食品
●花粉症にはこの食品
●胃袋強化にはこの食品
●風邪しらずにはこの食品
●頻尿改善にはこの食品
●疲れ目にはこの食品
●貧血にはこの食品
●慢性頭痛にはこの食品
●食欲不振にはこの食品
●不眠症にはこの食品
●生理痛にはこの食品
●血管強化にはこの食品
●高血圧症にはこの食品
●糖尿病の正しい予防方法
●加工食品の本当の怖さとは
●タコの意外な効能とは
●胆石を作らない食事のコツ
●肝臓病予防にはこの食品
●お腹いっぱい食べてやせるコツ
●やせすぎ解消の食事のコツ
●痛風時の食事のコツ
●アトピーに自己流食事療法は禁物
●脳血栓を溶かすにはこの食品
●がん予防ピラミッドの頂点に立つ食品とは
●がんを防ぐ海藻と果物の食べ合わせ
●喫煙者のがん予防にはこの食品
●βカロチンの脅威の実力
●結腸がん予防にはこの食品
●がん予防に意外な高級フルーツ
●ブロッコリーの芽でがん抑制
●緑黄色野菜の重要な役割とは
●発がん危険因子食品
●がんと関係ある食べ物一例
 

その他

リンク募集中
 

 
 
 
inserted by FC2 system