食と健康の良い関係>●若々しさを保つ食事のコツ

誰でも年をとるが、同じ年齢なのにそれほど老化を感じさせない
人と、早くから老け込む人がいる。

老化に拍車をかけるもののひとつが、最近話題になっている、
フリーラジカル、あるいは活性酸素と呼ばれるものである。

派手な名称だが、ペアであるべき電子の一方が何かの理由で
欠けてしまっている分子がフリーラジカル。

非常に不安定で、他の分子から電子を奪おうとして強い反応性
を示し、体内の細胞を破壊する。

鉄が酸素と結合してサビる現象を酸化というが、分子からひとつ
の電子が失われるときも酸化という。

フリーラジカルは身体の中で、酸素を使って酸化反応が行われ
るときに生まれる。

おおよそ呼吸で取り入れられた酸素の1%程度がフリーラジカル
になるといわれ、発生したフリーラジカルが体内の細胞を損傷す
るが、老化研究の進歩によって、フリーラジカルによる細胞損傷
の蓄積が老化現象と深く関わっていることがわかってきた。

フリーラジカルは空気を吸って生きる動物には宿命のようなもの
だが、酸素呼吸で発生する分だけなら、フリーラジカルを消去す
る体内の防御機構で十分だ。

しかし、我々をとりまく環境中には、フリーラジカルを発生させる
因子が数多くあり大気汚染物質から薬物、有機化合物、重金属
などさまざまある。

では、環境中で発生するフリーラジカルによる臓器障害を防ぐに
はどうしたらいいだろうか。

体内に備わった防御機構を補完し、発生したフリーラジカルを、
消去するのに活躍するのが「抗酸化ビタミン」である。

といってもとくべつなものではなく、ビタミンC・Eのほか、にんじん
やパセリ、しその葉などに含まれているβカロチンなどが、抗酸化
ビタミンの役割を果たす。

抗酸化ビタミンは、言ってみれば体のサビ落としのようなものだ。
とくにビタミンCとEはともに協力して体内のフリーラジカルを消去
する。

日ごろからビタミンCやEなどをよく取っている人は、そうでない人
よりもフリーラジカルによる細胞の損傷が少ない。

いきおい老化の度合いも変わり、長く健康でいられるということになる。

食と健康の良い関係

トップページ
●元気で死ねる食べ方のコツ
●老後に使えるカルシウム貯金のコツ
●イヌイットに学ぶ肉料理のコツ
●食物繊維で脂肪減らしのコツ
●若々しさを保つ食事のコツ
●有害ミネラルを追い出すにはコレ
●消化のよいものが体にいいとは限らない?
●頭が良くなる食事のコツ
●しいたけを上手に利用するコツ
●減塩食で動脈硬化予防
●環境ホルモンの本当の怖さとは
●食後30分は牛になろう
●便秘解消に効く意外な食べ物
●視力の衰えを防ぐ食品とは
●抜け毛予防にはこの栄養素
●風邪の初期症状にはコレ
●更年期障害にはこの食品
●美肌を保つならこの食品
●爪の健康にはこの食品
●花粉症にはこの食品
●胃袋強化にはこの食品
●風邪しらずにはこの食品
●頻尿改善にはこの食品
●疲れ目にはこの食品
●貧血にはこの食品
●慢性頭痛にはこの食品
●食欲不振にはこの食品
●不眠症にはこの食品
●生理痛にはこの食品
●血管強化にはこの食品
●高血圧症にはこの食品
●糖尿病の正しい予防方法
●加工食品の本当の怖さとは
●タコの意外な効能とは
●胆石を作らない食事のコツ
●肝臓病予防にはこの食品
●お腹いっぱい食べてやせるコツ
●やせすぎ解消の食事のコツ
●痛風時の食事のコツ
●アトピーに自己流食事療法は禁物
●脳血栓を溶かすにはこの食品
●がん予防ピラミッドの頂点に立つ食品とは
●がんを防ぐ海藻と果物の食べ合わせ
●喫煙者のがん予防にはこの食品
●βカロチンの脅威の実力
●結腸がん予防にはこの食品
●がん予防に意外な高級フルーツ
●ブロッコリーの芽でがん抑制
●緑黄色野菜の重要な役割とは
●発がん危険因子食品
●がんと関係ある食べ物一例
 

その他

リンク募集中
 

 
 
 
inserted by FC2 system